旅立ちのうた

こんばんは。鮨日本料理店 うを治の金吾です。

今日は地元の公立中学校の卒業式。うちは来年次男が小学校最終学年なので、来年かな..

youtubeをサーフィンしては、なぜだか卒業に因んだ曲をチョイスしてしまいます笑

ここまでの道のりや、これから歩んでいく道のことなど、色んなことが走馬燈のように思い出されるのでしょうね。キュンキュンするね。当の本人もそうだろうけど…子供達に関して言うと、いずれ外の世界に出て行く事を想定しての躾だったり、教育だったり…

こんな話を聞いたことがあります。
ある貧しい村の子供が食べるのに困るような生活をしていて、偶然に池で魚釣りをする大人に出会ったそうで少年はその男性に向かって釣った魚を恵んでほしいとお願いしました。男性の答えは「no」でした。

その代わりに釣り竿を少年にプレゼントしました。そして「魚が欲しければ これからは自分で釣りなさい」とだけ言い残し立ち去りました。

【愛をもって 】
非常にデリケートなこと
自分を打ち出すための力のかけ具合と、他者の為の事では、数段自分の事を何とかする方が容易く思えます。
相手の弱さを受けったり支えたりする強さも必要とされますしね。

いずれにせよ、うちは男子なので、たくましく勇ましく、人の痛みの分かる人間になってほしいなあ、なんておもいながらこの曲聞いてますねん。

ではでは
おやすみなさいましー♪ ねん。

 

 

広告