松花堂弁当のこと

こんばんは
鮨日本料理店うを治の金吾です

今日は松花堂弁当のご紹介です。
そもそも松花堂弁当って、名前になにそれ?ってなりますよね(笑)定義として、この写真の通り四つに仕切られたお弁当箱にお吸い物などを付けた、お弁当の領域を超えたお弁当(笑)なのです。

「松花堂」の名は、江戸時代初期の石清水八幡宮の社僧であった松花堂昭乗に因むものである。昭乗は、農家が種入れとして使っていた器をヒントにこの形の器を作り、絵具箱や煙草盆として使用していた。その入れ物が松花堂弁当に発展したのは、それから数百年たってからである。貴志彌右衛門の大阪(桜宮)邸内の茶室「松花堂」で茶事が催された折、彌右衛門が後年日本屈指の名料亭「吉兆」の創始者となる湯木貞一に、この器で茶懐石の弁当をつくるようにと命じたのがはじまりである。

(ウィキペディアより抜粋しました)
うを治でも古くからメニューに取り入れてますが、お祝い事やちょっとしたお集まり、ご法要後のお食事など、慶弔料理として、皆様にご利用頂いております。

うを治松花堂弁当の詳細

 

伝統を守るなど、どこかしら日本料理の世界は保守的ですが、やはり毎度言いますが、時代時代で改革者が存在してるのですから、柔らかい考え方で居たいものです(笑)
温故知新…この言葉好きだなああ(笑)

みたいなみたいな

 

 

広告