勇気

こんばんは金吾です。

本日も、大盛況のうを治でした。ありがとうございます。最近、プライベートも仕事も付き合いが多くて、沢山の新しい出会いもあって、ご紹介したい人も沢山いてるので、ネタは付きませんが何故か書けずにいてます..(笑)

朝から忙しすぎて、やっと腰をおろせたのが午後4時(泣) ほんの5分程ポケーってしてそのまま、食事も取らずにぶっ通しで、夜の営業に入りまして、なんだかんだで、無事営業を終えたところに、ひょっこりご来店されたシャチョーさん。

「すいません、もうシャリも終わりで何もないですー(汗)」 「ほな、ラーメン行こか!」 「あ、はい」みたいな..

最寄りのラーメン屋さんに行って二人でラーメン食べながら世間話をしてましたら、何故か、アメリカはインディアナ州インディアナポリスで、毎年開催されます、インデイ500というモータースポーツのお話になりました。

僕も過去にブログで一度取り上げた事があります。今回、F1ドライバーでもある佐藤琢磨さんが日本人で初めてこのインデイ500 というレースで優勝するという、歴史的快挙を成し遂げた。その事で話が盛り上がりました(笑)

もともと、ご本人(シャチョーさん)がカートレースに熱を入れてた経緯もおありですので、何やら熱く語っておられました.. 僕も詳しく知らなかったのですが、インデイ500って、あのF1をも凌ぐ、世界最速で争う周回レース何だそうです(汗)

500マイル(約800キロ)をノンストップで平均時速300キロ 最高時速は380キロという、もうスピードで、オーバルトラックを何度も何度も繰り返し最速で走り、100分の1秒の世界の情報を頼りに、情報処理、判断、するのだそうです。

疲れている僕に、それが、その快挙が、いかに凄いことなのかを語るシャチョーさんは、ある意味もっと凄いですけど(笑)(泣)

平均時速、300キロで約3時間ほど走り続けるわけですから、僕らの想像を遥かに超える位は、想像出来ます。2位は敗者グループの1位とも言われる世界。 ドライビングテクニックはもちろんのことながら、やはり恐れる事なくアクセルを踏み込める者にしか、見れない世界がそこにもあるんでしょうね。

ねる。

【電話】 06-6436-7691

広告